RotoNote

ゲーム攻略や考察etc.

【ポケモンSM】カンタンに高個体メタモンをゲット!効率のいいメタモン厳選方法【サン・ムーン攻略】

f:id:roto-sk:20170101211046p:plain

初の投稿となります。「ろと」と申します。

さて、今回はポケモンサン・ムーンの厳選においてかかせない存在になる、メタモンの個人的に効率のいいと思う厳選方法をまとめてみました。
今、自分でやっているメタモン厳選の方法と合わせて使ってみるとさらに効率が良くなるかもしれませんね!

仲間乱入システムについて

f:id:roto-sk:20170101220751p:plain

今作では新しく仲間乱入システムというものが実装されています。
このシステムは相手の野生ポケモンがターン終了後に一定の確率で助けを呼んでモンスターが乱入し、2対1の状況になるというシステムになります。
さらに乱入してきたモンスターを倒し何度も仲間ポケモンを乱入させることにより、高個体のポケモン夢特性を持っているポケモンを捕獲することができます。
しかし、仲間を呼んだからといって確実に仲間ポケモンが出現するわけではありません。
そこでこの記事では、なるべく高確率で仲間ポケモンを出現させるために事前にいくつかの準備をする必要があります。

用意するアイテム、入手方法

ビビりだま

このビビりだまを戦闘中に使うことによって相手のポケモンを怯えさせ、仲間を呼ぶ確率を高くすることができます。
ビビりだまは1回の戦闘中に1個使用するだけで効果が持続します!(その後何回使ってもアイテムが消費することはありません)
入手方法=お近くのポケモンセンター内のフレンドリィショップ(300円)

ヒメリの実

ポケモンに食べさせると1つの技のPPを10回復させるという物。
後述するポケモンに持たせることによって効果を発揮します。
入手方法=15番道路など

用意するポケモン

アブソル

f:id:roto-sk:20170101215528p:plain

まず最初に紹介するのが捕獲用ポケモンのアブソルです。

技構成は

  • みねうち(相手のHPを1だけ残す技)
  • どろぼう(後述するヒメリの実回収用)


採用理由としてこのアブソルの特性は「プレッシャー」といいます。

プレッシャー:技を受けた時、技のPPを2減らす。/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。

というのが基本的な特性の効果になっています。
しかし今作からは追加効果により、特性がプレッシャーのポケモンを出していると相手が仲間ポケモンを呼ぶ確率が高くなるという効果が付与されました。
この効果はメタモン厳選をする場合以外にも有効活用できるものだと思い採用しました。

現在捕獲用モンスターとして主流なのがこのアブソル、そして同じ特性持ちのポケモンだと「マニューラ」も存在します。

今回はメタモン以外のポケモンの捕獲にも活用できるようマニューラは覚えることのできない「でんじは」を習得することができるアブソルにしました。
みねうち」は捕獲する上でも仲間呼び出しの際にも必ず必要になる技です。
相手のポケモンのHPを減らすことによって仲間を呼ぶ確率の上昇、ポケモンの捕獲確率が上がるといいことづくめです。
どろぼう」は後述するトリックすりかえを使って交換したヒメリの実を回収するため。
つじぎり」タイプ一致で攻撃力を上げることができ、運が良ければ急所にあたる便利技。

基本的にはみねうち、でんじはさえ覚えていればかまいません。
そのほかにPPの多い攻撃技などを入れておくと楽になります。

フーディン

f:id:roto-sk:20170102013950p:plain

前述したヒメリの実を持たせ「トリック」を使いメタモンにヒメリの実を持たせるためだけのポケモンです。
なのでトリックすりかえなどの技を覚えているポケモンならOKです。

  • トリック(自分の持ち物と相手の持ちものを入れ替える。相手が道具を持っていなくても成功する。)

すりかえを覚えているポケモンは「ペルシアン」などがいます。

ヤブクロン

f:id:roto-sk:20170102014547p:plain

メタモンと遭遇した場合一番最初に出さなければならないポケモンです。
ここで注意しなければいけないのが

  1. 特性が「あくしゅう」であること
  2. 覚えている技が「リサイクル」だけであること

この2つをしないとかなり効率が悪くなってしまいます。
このヤブクロンメタモンと対面させることによってメタモンは「へんしん」という技でヤブクロンに変身します。

へんしん:一時的に、相手と同じ『ナンバー』『グラフィックス』『能力値』『個体値』『ランク』『特性』『技』になる。ただしHPはそのままであり、技のPPはすべて5になる。交代すると元に戻る。

リサイクル:味方が最後に使用した持ち物の道具を手に入れる。自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は使う事ができ、道具は上書きされる。

このヤブクロンメタモンに変身させることによって相手のメタモンは攻撃技がない状態となります。
そして前述したフーディントリックによってヒメリの実を持たせることによって、半永久的にヤブクロンに変身したメタモンはリサイクルしか使えない状況になります
そうすることによってこちらはダメージを負うことがないので厳選を安全に行うことができます。

しかしヤブクロンの特性が「あくしゅう」ではなく「ねんちゃく」という特性になると、メタモンはアイテムを使うことができなくなってしまいますのでヤブクロンを捕獲する際は特性の確認をしっかりと行ってください

以上のアイテムとポケモンをそろえれば準備は完了です。

メタモン厳選の手順

f:id:roto-sk:20170106135035p:plain

準備が完了し、いよいよメタモン厳選という段階です。
メタモンウラウラ島のホクラニ岳のポケセン下の草むらで出現します。

手順

  1. ヤブクロンを先頭にし、トリックすりかえをを覚えているポケモンヒメリの実を持たせる
  2. 草むらに行きメタモンと遭遇する
  3. ヤブクロンを出し、ビビりだまを使用する
  4. メタモンヤブクロンに変身したのを確認したらトリックかすりかえ持ちのポケモンと交代し、トリックかすりかえを使いヤブクロンに変身したメタモンヒメリの実を渡す。(この行動によってヤブクロンに変身したメタモンはリサイクルしか打てなくなります。)
  5. みねうちを覚えているポケモンに交代し、ヤブクロンに変身したメタモンにみねうちをする。
  6. 助けを呼ばれて出てきたメタモンを攻撃技で倒す。
  7. 呼ばれてきたメタモンを倒していき、ある程度連鎖が続いたところでヤブクロンに変身しているメタモンを倒し、残っているメタモンを捕獲する。

というのがメタモン厳選の主な手順となります。

注意点と詳細

一連の流れとしては上記で記述した、1~5までの行動がセット、以降6を繰り返していくというのが基本的な流れになります。

注意点としては

  • ある程度連鎖を重ねていくと途中で「夢特性」という特性を持ったメタモンに遭遇する可能性がある。

メタモン夢特性は「かわりもの」という特性でメタモンが出現したときに相手のポケモンに変身するというものです。
「かわりもの」のメタモンが出現した場合はなるべく攻撃力の高い技を使うといいましれません。
僕の場合はある程度連鎖が進んだところでエスパー技しか覚えていないフーディンに交代し、かわりもので変身された後にアブソルを出すようにしています。
そうすることによってアブソルはエスパー技を無効にできるので安全に処理することができます。

かわりもの:戦闘に出ると、相手のポケモンに変身し、『へんしん』状態になる。

  • 技のPPが無くなる。

ある程度連鎖してしまうと技のPPがなくなってしまいます。ヒメリの実ポケリゾートに植えて量産するのがいいかもしれません。

倒してしまうと最初からやり直しになってしまします。注意してください。

検証してみたのですが、状態異常になってしまったポケモンは助けを呼ぶことができなくなります(多分)。
こちらは各自検証してみたほうがいいかもしれませんが、打たないにこしたことはないので注意しましょう。

助けを呼ばないターンは技のPPを回復させたり、ビビり玉を使ってターンを稼ぐようにしましょう。

おわりに

いろいろと試行錯誤してみた結果これがベストかなとは思いました。
あとはほかにいい案があれば織り交ぜてやってみるといいかもしれませんね。
ヤブクロン方式を考えた方には感謝しかありません。

ただ少しメタモンが草むらから出現するまでの時間が長いので根気よくやらないといけません。
オニドリルやメテノに殺意が湧くことがあるかと思いますが(笑)

以上になりますがここまで読んでいただきありがとうございました。
気合をいれてメタモン厳選しましょう!