RotoNote

いろいろなゲームの日記

【ドラゴンクエストライバルズ】速攻トルネコデッキ(仮)【DQR】

f:id:roto-sk:20171127234347p:plain

どうも、ろとです。

今回は最近リリースされたアプリドラゴンクエストライバルズ」のデッキ構成なんかを考えて、記述していきたいと思います。

デッキ

f:id:roto-sk:20171126220952p:plain

上の画像が、とりあえず試作段階のデッキです。

デッキ構成

ユニット
名前 種類 コスト 枚数
つちわらし 商人 1 2
ファーラット 共通 1 2
いっかくうさぎ 共通 2 2
はぐれメタル 共通 3 2
メガザルロック 共通 3 2
サイレス 共通 4 2
亡者のひとだま 共通 4 2
トロル 共通 5 2
うごくせきぞう 共通 5 1
エスターク 共通 6 1

こう見ると商人カード1種類しか入ってない。

特技
名前 種類 コスト 枚数
封印の杖 商人 0 2
超ちからのたね 商人 1 2
成長の果実 商人 1 2
しあわせの巻物 商人 2 2
バイキルトの巻物 商人 3 3
武器
名前 種類 コスト 枚数
商人のそろばん 商人 3 2

以上がデッキ構成になっています。
速攻を多めに入れたパーティーになっています。

主要カード

サイレス

f:id:roto-sk:20171127230042p:plain

召喚時:ユニット1体を封印する

巷で有名の封印トルネコデッキにも使われているカード。

トロル

f:id:roto-sk:20171127230322p:plain

受けるダメージ2倍

攻撃7のHP8ですが、受けるダメージが2倍なのでHPが実質4。
サイレスの封印、封印の杖をこのユニットに使用して、低コストで高火力ユニットを召喚することが可能です。

うごくせきぞう

f:id:roto-sk:20171127230610p:plain

正面に敵ユニットが1体もいない場合攻撃できない

コストはトロルと同じで、攻撃6、HP7と劣りがちですが、正面に敵ユニットが存在していれば行動が自由になっている分、使い勝手はこちらのほうに分があります。
成長の果実を使って肉壁に使用することが多いです。

つちわらし

f:id:roto-sk:20171127230921p:plain

召喚時:ターン終了時、このユニットの前後に自身のコピーを出す

こちらもトルネコデッキでは主力カードになっていますね。
召喚してからトルネコのスキルによって、ターン終了までに強化しまくって、高火力ユニットを2体召喚する仕組みです。

メガザルロック

f:id:roto-sk:20171127231150p:plain

死亡時:コスト2以下のランダムな味方ユニット1体を復活させる
ここが他のトルネコデッキとは違うところです。
メガザルロックの効果によって復活できるユニットは、ファーラット、いっかくうさぎ、つちわらしの3種類に絞られます。

メガザルロックが自爆特攻した場合、召喚されたユニットがファーラットかいっかくうさぎだった場合はきのみなんかで強化しつつそのまま特攻だったり、フィニッシュなんかにもいけるんじゃないかなと思ったのが今回のコンセプトです。

復活したのがつちわらしだった場合はターン終了までに強化。

以上が主力カードになってます。

おなじみの封印トルネコデッキで、高火力ユニットを召喚しつつ、速攻ユニットを強化、メガザルロックで自爆特攻からの速攻ユニット復活で、早いターンで勝負を決めようと試みたデッキです。

* 試した結果

全然ダメでした。

まずつちわらし。
あれ、メガザルロックで復活したターン終了後に分身しないんですね…。
そりゃあそうだ、効果をちゃんとみたら発動条件が召喚時ってなってますもんね、復活時ってことではないってことみたいですね。

速攻で勝負を決めようにも相手だってユニット展開してこないわけじゃないですし、におうだちだってありますもんね。

また考えなおしになりそうです。

ただ、メガザルロックを使って復活させたいユニットをデッキ構成から縛っておくっていう考えはちょっと悪くない気がしたので、他のリーダーでそこらへんはいろいろと試したいと思います。

終わりに

あとから考えると、ほんとこのデッキなにがしたかったのか自分でも意味わかんなかったです。
つぎはもうちょっとマシなものを考えたい。

あと、まったく関係ないですけど、エスタークを召喚したときにBGM変わるんですけど、そのBGMがめちゃくちゃかっこいいです。
ぜひ召喚してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

広告を非表示にする