RotoNote

いろいろなゲームの日記

【FORTNITE】状況の把握【フォートナイト】

f:id:roto-sk:20180625195949p:plain


どうも、ろとです。

みなさん、ソロでもデュオでもスクワッドでも、敵を撃っている最中に、左から、または別の右から撃たれてやられる・・・なんてことは、よくある話ではないでしょうか。


ないと言われたらそれは僕が下手くそだと言うことなのだろうと思います。

今回は、そういった漁夫に対しての対策を考えたいと思います。

考えると言っても簡単なことで、題名の通り、状況の把握です。

かっこよく言っていますが、周りをよく見る。ということですね。

ソロの場合

移動中に敵が撃ち合ってるのを見かけることがあると思います。
その攻防に乱入したり、勝負がついてから相手が回復をしているところに攻撃をしかける…いわゆる「漁夫の利」というものですね。
弱っている相手に対して有利に立ち回れたり、倒した後に貰えるアイテムが2人分ということになりますよね。
勝ったあとに貰える報酬がデカい。
これは是非ともアイテムを回収しておきたい、と誰しも思うでしょう。

そうです。

誰しも思うことです。

漁夫の利がいるように漁夫の漁夫がいるという可能性もあるということ。

僕も美味しい思いをした後に、隙を付かれるなんてことが非常に多くあります。
ただでさえ、銃声が響いてる状況で、その近辺にいる人が気づかないということはほぼないでしょう。
誰しも考えることは同じで、自分だけがそのおいしい状況に遭遇しているわけではないということ。
こう考えるのが非常に無難かなと思います。

そういった漁夫の漁夫という存在に対しても、有利な状況でゲームを運んでいくには、やはり状況の把握(周囲の確認)ではないかと思います。

周囲を常に見渡すことで、敵の発見が早くなる。
発見が早くなれば当然先手を打てる。

視覚外から撃たれた相手は、まず壁で自分を囲ったりして敵の位置を探る…
この時点でポーションや体力の関係もあると思いますが、初手で相手のHPを削ることができるというのは、非常に有利。

撃たれた敵のレベルにもよりますが、HP削られてちょっと萎え気味なプレイヤーもいるかもしれません。

僕も不意打ちされると微妙に士気が下がったりします。悪いとこなので反省。


ともかく、先手を打てるということは、敵を先に発見しているから。当たり前といえば当たり前な話。

デュオ、スクワッドの場合

ソロとは違いデュオは敵が2人、スクワッドは最大4人を相手にしないといけません。

1人の敵を撃っている時に横槍でダウンする。
ダウンしてから敵がどこにいたのかを確認する。

なんて言うのはナンセンス。

スクワッドなどをやっていると、味方が突っ込んで行くのを後ろから見ていると、わんさか右から左から敵が裏を取りに来ているのがよくわかります。

こちらに気づいていて、建築などをしている敵に対して真正面から階段建てて突っ込む味方がいるとします。

そうすると、後続の味方は敵がどのように動いているかを把握しやすくなります。

そこまで把握していれば、次に自分が出来る行動の選択の幅が広がると思います。
敵が最後の1人など、そういう場合以外の時は常に周りを見ることを意識したいと思います。

実戦

f:id:roto-sk:20180625200215p:plain

こんな感じで着地する前に敵の位置を確認。
相手がどこら辺に降りたかで大体の位置を把握する。

デュオ、スクワッドの場合は敵だけでなく味方の位置も確認する、どちらかがダウンした時に素早くカバーできるように、なるべく近くで立ち回ったりするのも大切。

終わりに

いかがでしたでしょうか
もうちょっと画像を入れたかったんですけど、なかなかそういう場面に出くわさなかったので諦めました(笑)

僕もよく嫁に視野が狭いと言われることがあるので、常に気をつけないことのひとつだと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!